スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

フラッと家をでました。

ここに存在していることに嫌気がさして
跡形もなく消えてしまいたい、記憶喪失にでもなって真っ白になりたいと思いました。

バスに揺られながら、そんな事ばかり考えていました。

終点に近づくと、駅前の藤棚が目に留まりました。
なんだか気になったので、バスを降りると一目散に藤棚へ向かいました。

藤はつぼみの状態でしたが、強く甘い香りを放っていました。
きれいだな。。。
もう、人生どうでもいいなーと思っているはずなのに、こういう気持ちが湧くのだな、なんて思いました。



藤の花を眺めた後、電車に乗り換えて、
とりあえず名古屋駅方面に向かいました。

電車に乗っていても、浮かんでくるのは『消えたい』という気持ちだけ。
どこに向かいたいとも、何をしたいとも思わない。
軽くパニックに陥って、途中駅で下車しました。
駅のホームで、ただ、ボーっとしていました。
もうこれ以上は進めない、家に帰ろうかな。。。

そんなことを考えました。

でも、
ここまできたからとりあえず栄か名駅まで行くかと思い直して、
次の電車に乗りました。

名古屋駅で下車し、そのままフラッと映画館へ行きました。
前から気になっていた「LIFE!」を選びました。

席に座って、映画を観ていても、やっぱりどこか上の空で。
冴えない主人公が冒険の旅に出ても、
冒険できない自分との比較が出て、居心地がよくない。

物語も3分の2が過ぎようとしたときでしょうか。
ハッとする場面が現れました。

それは
主人公がヒマラヤで現地の人とサッカーを楽しむ場面でした。
心からサッカーを楽しんでいる顔は生き生きと輝いていました。
全身全霊でそれを楽しんでいました。

美しいな。。。

人って美しいな。。愛しいな。

樹や花や空や星や太陽にばかり美しさをみていたけれど、
そうじゃないんだな。。

そう思いました。
この美しさを、この瞬間を写真で切り取りたいなと思いました。
人を撮りたいなんて気持ちが沸き起こるのは
初めてでした。


映画が終わるころ、

エンドロールが流れる中、

涙が自然とこぼれました。

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。